検索
  • orisamba

オリド マキ・イラスト展「秘密の花園」が終わって

個展が終わり、早いもので2ヶ月が過ぎようとしています。



ブログに個展の様子を書こうとしたのですが、

リアルタイムで発信する手軽さはやはりInstagramやfacebook等のSNSには敵わず

長いこと放置してしまいました。


過去2回の個展はどちらもサンバがテーマだったので

サンバ仲間や、サンバ関係の方々が沢山来て下さいました。


今回は、サンバの絵は1点も無く

まして私の心の静かな部分…

と言っては聞こえが良いですが

はっきり申し上げますと、私の暗い面を描いた作品ばかりだったので

果たして世間に受け入れてもらえるのだろうか?

という不安を抱えたまま初日を迎えました。


結果としては、皆さんに好評頂き

通りがかりの人にも作品を購入頂けたりと、嬉しい出逢いもありました。


私の絵のタッチはどちらかと言うと可愛い雰囲気なので

女性誌での仕事が多いこともあり、女性には好まれても

男性にはさほど興味を持ってもらえないだろう。と思っていました。


なので今回

複数の男性に作品をお求め頂いたことは、驚きと共に大きな自信につながりました。


昭和の、ド根性世代で育ったので

繊細だったり、臆病だったり、気にしいな面は

弱点・悪い事=ネガティブに言われてきました。


20代の誕生日に

この本をプレゼントされたこともあります。


今でこそ「HSP」や「繊細さん」という言葉が認知されつつあって

みんな違ってみんないい。

という風潮になりつつありますが

それでも、ド根性教育で育った私には

それを開示することに、大きな恐怖がありました。


サンバやブラジルは、それそのものがもともと素晴らしいものなので

私の絵がどんなにつたなくても、胸を張って

「いいでしょ!サンバってこんなに素敵なの!」と言える自信がありました。


そのサンバという後ろ盾がなく、裸の私を表現することに


怖がっていたのは、私だけだったこと。

今回の個展は、イラスト人生にとって大きなターニングポイントになりました。

足をお運び下さった皆様

たくさんの差し入れ、手書きのお手紙(泣いた)、お心遣い、ありがとうございました。


ギャラリーの雰囲気を少しですが...




個展が終わり、お買い上げ頂いた作品の発送も終わり

今、一息ついて、次の個展に向けての構想を練っています。

(テーマは決まりました)


次回はもっともっと、イラストの精度を上げていきたいという思いが強く

ハードルの高い挑戦になりそうです。


また決まりましたら、Instagramやこのサイトでお知らせ致します。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示